CD鑑賞日誌


by furt-orooro

<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フルトヴェングラー&フィルハーモニア管弦楽団
1954.8.22 ライブ

KING
K35Y41

フルトヴェングラーの世界初CDであったそうだ。

KINGのK-35Yのシリーズの中では、
「英雄」(K35Y42)(1952.12.8)と、
「パリでの第5」(K35Y43)(1954.5.4)は、
マスクがかけられ甘い音色になっているのだが、
この「ルツェルンの第9」と、
「ルガノの田園」(K35Y44)(1954.5.15)、
「ザルツブルクの第8」(K35Y43)(1954.8.30)
はそのように音にマスクされることがなく、 臨場感のある生々しい音で、潤いあるサウンドとなっている。

後発のKICC-2290は弦の音が小さく、マイクに近い金管、ティンパニーの大音量とのバランスが悪いのだが、当K35Y41盤では、弦に厚みがあり、金管とティンパニーとのバランスがかろうじて保たれている。
ホルンはデニス・ブレインが吹いているということで、ソフトで伸びやかな夢幻的な音色ですばらしい。
ソリストのレベルも最高度の出来であるが、コーラスがお粗末で惜しまれる。

CDブックレットの紫のカラー(「ルガノの田園」は水色)も美しい。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-28 00:00 | フルトヴェングラー
b0056240_9105999.jpg
フルトヴェングラー
ベートーヴェン:交響曲全集

東芝 CC30-3361/6

モロクロトーンの硬質な音。
CC35、TOCE-7530/4、と比べると、
「田園」と「第7番」以外は、
モノクロトーンの良さがあり、これはこれで感動的である。

「田園」は、RXやTOCE-7530/4の色彩感には及ばない。
「第7番」は、CC35、最近の協会盤の良さには及ばない。

レビュー及び、CD音質比較は、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-24 05:10 | フルトヴェングラー
b0056240_1140055.jpgフルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1953.9.15
ティタニア・パラストでのライブ

RVC
R32C-1093

2年半ほど探索し、7月15日東京37℃、午後猛烈な雷雨の日、奇跡的に入手できた1枚。

演奏はライブということもあり、1951年スタジオ録音よりも、エネルギッシュ。ダイナミクスの変化はより大きく、覇気があり、すばらしい。
当CDだと、ティンパニーは会場のティタニア・パラストらしい破裂音であるが、 弦楽器群は各々潤いある色彩的な音色で聴くことができる。この会場でも、弦楽器群はこのような潤いと色彩感ある響きがしたのだろうし、これだけの音質の録音も可能であったということだ。

RVCのフルトヴェングラー演奏CDは、当演奏の他に、「英雄」(1950.6.20 同会場)、北ドイツ放響とのブラ1があり、どれも「高音質」という評価だが、その評価にうそ偽りはない。
廃盤稀少品、ショップでもオクでも高額なので、このままの音質での再発を強く望む。

レビュー及び、同演異盤CD比較は、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-18 12:00 | フルトヴェングラー
b0056240_1713498.jpgフルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1947.5.25
戦後復帰演奏会初日のライブ
ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 
            同 第5番

DELTA
DCCA-0022

「音が薄い」、「CETRAの粗悪コピー」などと揶揄されているが、
実際に聴いてみると、新鮮で感動的である。
音源は明記されていないが、
音は薄いどころか、 厚みがあり、迫力がある。
「田園」は、高低のダイナミックな対比が鮮明、明瞭。
「第5」、厚く逞しいサウンド。エコー感は少ない。
高低の掛け合いは明瞭で、疾駆するスピード感とエネルギー溢れる演奏と相まって感動的である。

同演異盤CD 音質比較
1.伊CETRA CDE-1014 エコー強いが音色も厚い ◎
2.日本CETRA K33Y193 音色は薄くなったがふくよかで豊か ☆
3.RODOLPHE RPC 32522/24   未聴 これがベストとの説あり
4.KICC-7091 (1部5.27演奏) 未聴
5.KING(SEVENSEAS)KICC-2293 ぼやけた音 △
6.MUSIK&ARTS  これをベストに推す人もいるが、ドライ △
7.ドイツ・フルトヴェングラー協会  ×
8.TAHRA キンキンカサカサ ×
9.DELTA ◎ 
現在入手できる、6-9の中では、DELTAがベスト。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-15 00:00 | フルトヴェングラー
b0056240_10551886.jpgフルトヴェングラー&ベルリン・フィル

DELTA
DCCA-0023

MELODIYA LP起し
盤起しでありながら、ノイズもなく、ffでのノイズのまとまりつきもない。
他のリマスターのように低域や弱音部を加工的人工的に持ち上げていることもない。
良質で良心的な復刻。

DELTAから以前リリースされた、戦時中シリーズのような(いわゆる「第2世代」シリーズのような)、ソフトな音。
演奏は、美しさとffの強靭な迫力、疾駆するスピード感と弱音部の繊細な奥行き深さを兼ね備えており、緩急強弱高低の変化の大きさが魅力なのだが、それらがよく再現される。
パワフルさだけではなく、 弱音部の細かなニュアンスがある。


同演異盤CDでは、CROWN PALETTEの大味ながら厚みと豊かさのある自然な音が良いが、入手難なので、
当演奏のベストCDとなるのは、当盤となる。

当盤レビュー及び、当演奏同演異盤CD評価は、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-12 12:50 | フルトヴェングラー
1.東芝EMI
CC30-3357/60

分売は、CE28-5582/85

2.ELECTROLA (西ドイツEMI)
CZS 25 2321 2
MONO

3.東芝EMI
TOCE-9086/90
ELECTROLAによるブライトクランク

音質の違いは歴然としている。

以下は、ナオGさんからいただいたコメント

交響曲第1番
(1)西ドイツEMI ○・・・穏当な音色だが演奏の起伏がややのっぺり
(2)CE28-5582 ◎・・・ナチュラルで直接的な迫力が良い
(3)TOCE8509 △・・・電気的に無理やり響きを拡げて不自然
(4)TOCE9086 ◎・・・溶け合う響きが美しい

交響曲第2番
(1)西ドイツEMI ◎・・・硬・軟のバランスが良くクリア
(2)CE28-5583 ◎・・・音色を生かしながらマイルドかつ迫力good
(3)TOCE8510 ○・・・力はあるが音色の美感いまいち
(4)TOCE9087 ☆・・・柔らかく・鮮明に拡がる美麗な音場が見事

交響曲第3番
(1)西ドイツEMI ○・・・硬質で力強く起伏豊か.香るような空気感good
(2)CE28-5584 ○・・・音色自然でみずみずしい
(3)TOCE8511 △・・・電気的な響きが嫌み
(4)TOCE9088 ◎・・・ソフトで自然な音色が楽しめる
(5)TOCE3293 ×・・・音に生きた色がなく前に出てこない

交響曲第4番
(1)西ドイツEMI ○・・・厚いサウンドが心地よい=反面こもり気味
(2)CE28-5585 ◎・・・音色・バランスともに自然で過不足なし
(3)TOCE8512 △・・・一聴すると凄い迫力だが無理やりな印象
(4)TOCE9089 ☆・・・演奏の神秘感が最も美しく再現される
(5)IRON NEEDLE ○・・・硬質で引き締まった音

ヴァイオリン協奏曲
(1)西ドイツEMI ◎・・・硬質で鮮明な音,少しエコーがかかる
(2)TOCE6066 ☆・・・ヒスあるが生々しくナチュラルの極み=ソロが繊細
(3)TOCE9090 ◎・・・柔らかさと迫力を兼ね備えている=ソロの音幅が大きい

ドッペル・コンチェルト
(1)西ドイツEMI ☆・・・硬質だが響きが満ちあふれ,ソロの生々しさとナチュラルさは最高
(2)新星堂 ○・・・生々しいが高域偏重のため耳に刺激的すぎる
(3)TOCE3797/8 ○・・・かっちりとした立派な音=反面厚塗りな音

ドイツ・レクイエム
(1)西ドイツEMI ○・・・しっかりとした音色が残っていてずっと聴いていられる
(2)TOCE3797/8 △・・・音はしっかりしているが音色がないので平板
(3)RX4206(2CD-R) ○・・・余分なゴーストなくこれが本来の音色だと思う.迫力は弱い

「この西ドイツEMI全集の宝は「ドッペル・コンチェルト」ということがはっきりしました.
「第2」「第3」も良い線をいっているというのか,
おそらく日本盤ブライトクランクが苦手な人にはベストだと思います.」

以上、良いCDを選ぶ際のご参考に。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-08 00:00 | フルトヴェングラー
フルトヴェングラー&ウィーン・フィル

OTAKEN
TKC-305

SP盤起し。
第1楽章、第1主題が始まる。ソフトな響きで、フワリとして無重力状態にいざなわれる。速さをまったく感じさせない。このテンポでこそ成し遂げられる美の世界。
音質面で、低域や弱音部の不自然な強調はない。
第4楽章など、高低の旋律線が明瞭明晰で、この楽章に関しては、東芝CC35-3169よりも良いと思われる。

全体としては、当演奏のベストCDは、東芝CC35-3169であるが、入手難であるので、セカンドベストとして。
Couplingの「グラン・パルティータ」も鮮度良く生々しい音。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-04 12:50 | フルトヴェングラー
b0056240_18424674.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
戦時ウィーン、ラストコンサート

この優しさと迫力、他の追随を許さない。

主なCD
1.仏フ協会
2.DG POCG-2341
3.DG435 324 2
4.DG POCG-30075(UCCG3695)
5.ARCHIPEL ARPCD0106

Nさんが2を推薦していたので、ゲットする。
音と音色に厚みがあり、鮮明なのは、2(写真)であった。
1は、2に比べて音像は小さく、やせている。
3は、ノイズカットが音色を削ぎ、高域はキンキンする。
5を生々しく迫力大とする方もおられるが、人工的に音を作っている感は否めない。

音が悪い???
いいえ、1945年という年代を考慮すれば驚異的に良い。
4楽章コーダのTrpとTrbなど、ヨッフム&LPOのこもった音や、なぜかTrbの鳴りが悪いジュリーニ&LAPOより良いでしょう。
[PR]
by furt-orooro | 2006-07-01 00:00 | フルトヴェングラー