CD鑑賞日誌


by furt-orooro

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1947.9.30
ティタニア・パラストでのライブ

FONIT CETRA
CDC-1013

CDは日本のビクター製。
意外にも(?)音が良い。軽度の擬似ステとエコーだが、それが良い方に作用して、厚みのある音になっている。重厚なベルリン・フィルのサウンドにふさわしい。しかも低域が団子状態ではなくて、音色の分離がよく、DBなど実に柔らかく響いてくる。
Vnソロの透明感も失われていない。

このコンビの同曲演奏、ルツェルンやフィルハーモニアのオーケストラでは聴くことのできない低域の豊かさがある。
このコンビの同曲演奏のベストCDと言えるだろう。

Couplingは、
ベートーヴェン 交響曲第1番
ウィーン・フィル
1952.11.30
こちらも鮮度の良い、STEREOに匹敵するような(この音質ならMONOでも十分と言えるような)高音質。

見かけたら、ゲットして損はない。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-25 12:45 | フルトヴェングラー
b0056240_17545955.jpg(Vn)メニューイン
フルトヴェングラー&ルツェルン音楽祭管弦楽団
1949.8.29-31(EMIは10.7と表記)

名曲の名演であるが、CDの音で満足できるものはない。

◇主なCD
1.東芝 TOCE-6066
2.EMI CDH-7 63496 2
3.東芝EMI TOCE 9086/90、ブライトクランク (写真)
4.東芝EMI TOCE-3795(特典盤はBCD-0039)、HS-2088
5.TAHRA FURT-1088/9
6.EMI Great Artists of the Century 62822 ARTリマスター

1は未聴。
2はこもりぎみ。
4はパワフルだが、荒れ気味の単なる音の洪水となっており、デリカシーに不足する。
5と6は音色がなく最悪。
3は広がりすぎの感はあるが、オーケストラの低域が美しく鳴るのは良い。
現時点では、3を音量抑えて聴くしかない。

RCAのLP起しの盤が待たれる。
DELTAかOTAKEN、あるいは協会かセンターに製作していただきたいのだがどうだろうか。
これ1曲40分だと割高なので、LP異盤2種収録80分、
あるいは、
BPOとのメンコンとカップリングにして、デ・ヴィートとの双璧盤とするか。
製作お願いします。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-21 23:54 | フルトヴェングラー
b0056240_17493177.jpgフルトヴェングラー・センター
WFHC-0009/10

1950.9.25
ストックホルム・ライブ 全曲

1.ハイドン 「驚愕」
2.シベリウス 「エン・サガ」
3.R.シュトラウス 「ドン・ファン」
4.ベートーヴェン 「第5」

解説には、
「スウェーデン放送による当時最新の機器による録音のすべて、拍手やチューニングを含むすべてを聴くことができるようになった」
とある。

演奏は、どれも、ウィーン・フィルの典雅な響きと名手たちの名人芸、ライブならではの覇気があり、すばらしいものである。

音質
1.DELTA>当盤
2.当盤>M&A
3.KING>当盤>M&A
4.PALETTE>>当盤

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」にUP予定
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-17 23:00 | フルトヴェングラー
b0056240_1257722.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
ムジークフェラインでのスタジオ録音

日本フルトヴェングラー協会
WFJ-40

演奏について、福永陽一郎氏は、「どこか締まりのない、まあよく言ったとしても、悠揚迫らぬ大河のような、それも流れの悪い演奏」と評価している。
と思えば、諸井誠氏のように、巨匠の同曲演奏中のベストに推す人もいる。

スタジオ録音ゆえの確かな造形と、
スタジオ録音とは思えない気力漲る覇気が、ウィーン・フィルの柔らかな音色と相まって(中和されて)、麗しいものとなっている。

今回の協会盤。
SP復刻で、ノイズは大きいものの、浮かび上がる音は柔らかく麗しいものである。
低域は低域重視のTESTAMENT盤に比べれば不足するが、程よく、これが自然な大きさと音色ではなかろうか。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
 「ハンガリー舞曲」のページもUP済み。

協会の次回配布は、「アナクレオン」、「未完成」、ベートーヴェン7番。
DELTA盤と同じ組み合わせで、まさかDELTA盤と同音質ということはないでしょうね。
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-11 06:00 | フルトヴェングラー
b0056240_10124253.jpgフルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1944.1.9-12
フィルハーモニーでのマグネトフォン・コンサート

DELTA
DCCA-0012

当ブログでも定番の名演奏(と思わない方も多いのだが)。
このような音質を待望していた。
SOURCE表記がないので、定かなことは不明だが、盤起しにしては、アナログ的な要素が少ない。
音は鮮度良く、生々しく、自然な美しさを聴くことができる。
下記MELODIYA LP起し盤とは異なるので、憶測であるが、日本フルトヴェングラー協会LPかその元になったものから製作されたのではないだろうか。

主な同演異盤CD
1.AS-DISK  MELODIYA LP(?)起し
2.MELODIYA  テープ系で軽度なエコー
3.EMI 未聴
4.DG  返還テープ系 音色均質
5.仏協会 テープ系 漂白
6.OPUS蔵  MELODIYA LP起しで大迫力
7.DELTA 音の鮮度が良く、美しい音色  BEST CD

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-06 12:30 | フルトヴェングラー
b0056240_17182895.jpg庄司紗矢香
チョン・ミュンフン
フランス国立放送フィル
ユニバーサル(DG) UCCG-1273

Vnソロは、スローテンポで1音1音をしっかりとした豊かな音として行く。
チャイコフスキーでもその傾向があるのだが、オーケストラのフォルテシモの強靭さが、激しさとしてのマイナスに作用して、「騒々しい、そこまで必要ない」との印象を与える。
Vnソロとのバランスが悪い(並みの奏者なら埋もれてしまうだろうが、庄司女史ゆえに対等に張り合えるのだが)。

1楽章、カデンツァの漸弱漸強の豊かな表現、弱音強音各々に適した確かな音量とその対比の大きさ。
2楽章中間部もオーケストラは物々しく重々しく、そこまでの激性は必要なしと思われ、Vnソロの情感とは異質になってしまっている。
3楽章冒頭のVnソロなど、豊かさに透明さが加味され、すばらしい。
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-03 22:00 | 日記
庄司紗矢香
チョン・ミュンフン
フランス国立放送フィル
ユニバーサル(DG) UCCG-1273

ブログで取り上げている、フルトヴェングラー、バルビローリ、モントゥー、ジュリーニ以外のCDを、しかも新譜で買うなどというのは極めて稀なことである。

このヴァイオリニストは別格である。
1.豊かな音量。(決して大きいだけということではない)
最近の日本人女性奏者の1.5倍の音が出ているという人もおられる。
録音の関係だけではなく、エアチェックで聴いた時(昨年のNHK音楽祭のブラームス、東京フィルとのチャイコフスキー、後者は今回のCDよりも豊かでふくよかな音で感動的であった)もそう感じる。
2.確かな技巧+技巧を技巧と感じさせない音楽性の豊かさ。
技巧だけで訴えようとする奏者が多い中、確かな技を持ちながら、決してテクニシャンと感じさせない。テクニックに裏打ちされた「音」と「音色」で勝負できる稀な人材。
この曲の1、3楽章カデンツァが好例。

DGが数多いヴァイオリニストの中から、庄司女史と専属契約を結んだ理由もうなずける。

全編、緩やかなテンポの中、豊かな「音」と「音色」で、丁寧に構築して行く。それでいて流れを損なわない。
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-01 00:00 | 日記