CD鑑賞日誌


by furt-orooro

カテゴリ:フルトヴェングラー( 272 )

DISQUES REFRAIN盤の話題

「レコード芸術」12月号の、
フルトヴェングラー、ディスコ・グラフィで、
「廃盤」と記されているせいか、
マニアの間で関心が高い(?)

・DR910004   
ブラームス 交響曲第1番第4楽章1945.1.23 ベルリン・ラスト・コンサート
   同        第4番 1948.10.22
・DR920023
シューベルト 「ザ・グレイト」 BPO 1950.6.18
  同     「未完成」  トリノRAI
・DR920032
ハイドン 「ロンドン」 他 テアトロ・コロンでのライブ集

以上、ゲット。

・DR920031
フルトヴェングラー 交響曲第2番のリハーサル BPO 1948.2.22-23
ベートーヴェン レオノーレ第2番 他

神保町古書ビル9階のレコード社に1260円であったのですが、どなたか買われました?


・DR920022
ブラームス 交響曲第1番 VPO 1947.8.13 ザルツブルク 他

こちらは、イディア・クラシックにあります。どなたか買われませんか?
6000円!!!
[PR]
by furt-orooro | 2005-01-27 15:53 | フルトヴェングラー

The Fascination of Furtwangler

ヘンデル
合奏協奏曲第5番

Allegro.Presto.Largo.Menuet.Allegro
4:45 2:15 3:48 3:46 3:22
1954.4.27 ティタニア・パラスト

かみ締めるような遅いテンポと厚いオーケストラ。現代では異色であるが、魅力に溢れている。気品あり流麗。すべてのフレーズに意味が込められているかのよう。
Largoに、「オンブラマイフ」の1小節が出てくる。涙を誘うほどの高貴な気品に溢れている。「オンブラマイフ」を録音したら、すばらしかったであろう。
終曲AllegroのVnとVc・DBの対話の明瞭なこと。

フルトヴェングラー
交響曲第2番第3楽章

いい曲だ。親しみやすい。マーラーほどの構築力はないが、マーラーとショスタコービッチの橋渡し的。
[PR]
by furt-orooro | 2004-11-12 13:54 | フルトヴェングラー