CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ベートーヴェン:「英雄」 1950.6.20

b0056240_1823787.jpgフルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1950.6.20
ティタニア・パラストでのライブ

LP RVC RCL-3334
CD RVC R32-1091
(第1楽章タイムはどちらも15’42で、ピッチは低いようであるが、許容範囲)

フルトヴェングラーの同曲異演中、最速の演奏。当演奏をベストに推す方も多い。
「完全無欠の英雄」、「形は雄大で細部は緻密」、第2楽章の「涙なき葬送は完璧」と評価されている(「フルトヴェングラー劇場」)。

第1楽章、エネルギッシュで推進力がある(展開部、300小節まではイン・テンポ)。スピード感と1音1音の彫の深さ。スフォルツァンドの凄さ。Tiの轟き。
第2楽章、低域の柔らかな厚みのある温かな音色。展開部の怒涛のフォルテッシモ。
第4楽章、すべてをなぎ倒していくが如き迫力と、そのもとでの旋律の美しさ。
二律相反する要素が見事に融合する奇跡が成し遂げられて行く。

今回、CDとは別に、LPから起したものを聴くことができた。その音はふくよかで、低域の厚みと、人工的ではない自然な生々しさは、すばらしい。浮揚するVnの高音が低域に負けずに聴ける(CDはどれも高域が埋もれがち)。
ティタニア・パラストにおけるベルリン・フィルのサウンドは、決して乾いたものではなく、当LP(CD)や、同レーベルの「グレイト」に聴けるような、潤いと色彩に富むものだったに違いない。
当演奏の凄さを改めて認識させられた。

DELTAの「第2世代」か、OTAKENの「ガラスCD素材に近い」CDでの当LP盤起こしを期待したい。
[PR]
by furt-orooro | 2007-09-19 23:01 | フルトヴェングラー