CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ワーグナー:管弦楽曲集

b0056240_12442054.jpg東芝EMI
TOCE-6071

フルトヴェングラー
ベルリン・フィル
1.「トリスタン」第1幕前奏曲&「愛の死」 
 1938.2.11
2.「パルシファル」第1幕前奏曲&「聖金曜日の音楽」 
 1938.3.15

ウィーン・フィル
3.「ジークフリートのラインの旅」 1949.2.23

フィルハーモニア管弦楽団
4.「ブリュンヒルデの自己犠牲」 1952.6.23

どれも音は良く、同演異盤CD中ベスト。
オーケストラの音色の違いも味わえる。
1.宇野本には、「命を懸けた憧れと切望があり、音楽は支えきれぬ内容を持ってうねってゆく」とある。
2.すばらしい。
3.現代の録音にも匹敵するような音の良さ。
4.威力ある確かな低弦と明るいVnの対比。ラストの一大絵巻物。
[PR]
by furt-orooro | 2007-06-18 12:44 | フルトヴェングラー