CD鑑賞日誌


by furt-orooro

「ロンドンの第9」 1937.5.1

b0056240_12333844.jpgフルトヴェングラー
&ベルリン・フィル
1937.5.1
ロンドン、クイーンズホールでのライブ

日本フルトヴェングラー協会
WFJ-19

SP盤起し。
SP面の切れ目で音楽が途切れるが、わずかにオーバーラップしているので、不自然さはない。
音は鮮明。音色は柔らかく潤いがある。この点ではセンターCD-Rよりも良いと思う。
フルトヴェングラー休止もきちんと再現されている。

解説には以下のようにある。
「音量調整を施さず、各面の両端を全く処理せず、オルトフォン・カートリッジCG65-Dで楽音は総て拾ってある。」
演奏は、「構成美で支える格調や緊迫感で圧倒する迫力では、(フルトヴェングラーの他の「第9」を)凌いでいる。
「イギリスの合唱団もブルーノ・キッテル合唱団と相譲らない」

日本フルトヴェングラー協会新譜
1.ベートーヴェン:「英雄」 1947
2.「バイロイトの第9」 1954.8.9 (及び8.8 リハーサル 終結部)
[PR]
by furt-orooro | 2007-06-11 12:40 | フルトヴェングラー