CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ベートーヴェン:「田園」 1943.12.22/23 東芝EMI

b0056240_17372278.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
1943.12.22/23
ムジークフェラインでのドイツ・エレクトーラへのスタジオ録音(SP録音)。

東芝EMI
TOCE-6056

このCDに聴くのは、最高の「田園」である。

当CDでは第1楽章提示部がリピートされている。音は、提示部リピートのLP初出盤に近いと言われている。

ムジークフェラインにこだまするウィーン・フィルの優雅、典雅、清楚なサウンドによる流麗な豊かな歌を聴こう。
1936年12月17/18日のワルターによるHMVへのSP録音を、CDの音質、ウィーン・フィルの音色、フレーズの自然な流れの良さで、上回る。
なぜ、1943年12月の戦時下の制約下でのレコーディングに、この曲を選んだのか?
それは最高の「田園」を録るためだったのだ。
1952年のスタジオ録音より、ウィーン・フィルのサウンドは清楚上品端整であり、各フレーズの純度と完成度も高い。
当CDで、第2楽章と、第3楽章のトリオを聴けば、ベートーヴェンが曲に託したものが、ウィーン・フィルの美点を活かし切ることによって、最高度の美しさで音化されていることが実感できる。

ベートーヴェンの交響曲の偶数ナンバーはフルトヴェングラーには不向きであるとも言われる。しかし、先日取り上げた、東芝TOCE-6180の1950年の「第4」と、「田園」の当CDを聴けば、上述のような、完成された名演であることがわかるのではないだろうか。
[PR]
by furt-orooro | 2007-02-26 17:50 | フルトヴェングラー