CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ブルックナー:交響曲第5番 1951.8.19

b0056240_1432723.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
1951.8.19
ザルツブルク音楽祭でのライブ

KING(SEVENSEAS)
KICC-2216

ff部の勇壮、雄大さ。第1楽章第2主題、第2楽章第2主題のウィーン・フィルの美音を生かした潤いある美しさ。
緩急強弱のコントラストの大きな名演である。

なぜか同演異盤CDの数が多い。
1.HUNT CDWFE-360 未聴 
2.VIRTUOSO FV-3010 
  評価は高いので、試聴したが、音が粗い。×
3.KING ◎
4.ARKADIA CDWFE-360.1
  2よりも入力レベルが高いようで、やはり荒れた音。×
5.英EMI CDH-5 65750 2
  エア・チェック音で貧弱。×
6.ARCHIPEL  ARPCD-0109
  ARCHIPEL的ドライで粗く、のっぺりした音。×
7.ORFEO C409 048 L(8CD)
  ORFEO的音色漂白化。×

ということで、KING盤は、Nさんが、
「整音少なく雰囲気が損なわれていない」
と述べていて、探していたのだが、その通りであった。
同演異盤CDのベスト。

レビューは「フルトヴェングラー鑑賞記」より。

b0056240_17112812.gif

[PR]
by furt-orooro | 2006-12-28 12:50 | フルトヴェングラー