CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
(ピアノ)コンラート・ハンゼン
1943.10.31/11.3

DG
POCG-2349

フルトヴェングラーの同曲演奏は、
1.1941.11.2/4 ベルリン・フィル&ケンプ 
 未発売(プライベートのみ)
2.1943.10.31/11.3 ベルリン・フィル&ハンゼン
3.1952.1.19 ローマRAI&スカルピーニ
の3演奏ある。
1もすばらしかったに違いない。
重厚なオーケストラと清楚透明なピアノの共演の2、
自由で大らか、夢幻的色彩のピアノが冴える3(オーケストラは薄手)ともに、名演である。

2の演奏について、これまで、TAHRA、MELODIYA、MUSUIC&ARTS、DG(POCG-30085)、GREENDOORと聴いてきたのが、どれも一長一短で、これというCDがなかった。
今回、入手して、DGの初期CD、オーケストラの厚みと高低の音色の良さ、ピアノの透明静謐さ、などで秀でている。
遠回りしたが、これが同演異盤CDベスト。

レビュー及び、同演異盤CD比較は、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。

b0056240_17112812.gif

[PR]
by furt-orooro | 2006-10-16 12:50 | フルトヴェングラー