CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ベートーヴェン:「英雄」 1952.12.8 ARKADIA盤

b0056240_1342197.jpgフルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1952.12.8
ティタニア・パラストでのライブ

ARKADIA(HUNT)
CDWFE 363
1952.12.3 表記

11月末のウィーン・フィルとのスタジオ録音からの一連の同曲演奏の最後を飾るもので、テンポは遅く、緩急の揺れは最小限。 確信に満ちた「歌」の流れと、ここぞという部分での壮大壮麗な「歌」など、巨匠の同曲演奏の完成された型の一つと言える。

同演異盤CDは、
1.KING  K35Y42 (2005.9/7参照)
 甘くされデベッとした音
2. RODOLPHE  RPC 32522/24
 片チャンネル、音には厚みと凄みがある
3.ARKADIA 当盤
4.TAHRA FURT 1008/11 未聴
5.TAHRA FURT1054 音色を削いでおり、聴くに耐えない

今回、3で聴くことによって、この演奏のすばらしさを再認識した。
1と3では各楽章ともタイムが30秒異なる。
3にはタイム表記がないため、CDプレーヤーで計ったものだが、
1はピッチが高く、3が正常なのだろうか。

どちらにしても巨匠の同曲演奏中、最も遅い演奏であるが、
弛緩することのない「間合い」と「流れ」の良さがある。

当CD、何度か見かけながら、日付誤記などのため、
パスしていたのだが、今ではかなりの高値になっている。見かけたら買って損はない。

b0056240_17112812.gif
[PR]
by furt-orooro | 2006-08-30 20:00 | フルトヴェングラー