CD鑑賞日誌


by furt-orooro

モーツァルト:「魔笛」 1951.8.6

b0056240_13252045.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル

1951.8.6
ザルツブルク音楽祭ライブ

HUNT(ARKADIA) CDWFE353.2

日本フルトヴェングラー協会次回頒布は、この演奏のCETRA LP起し。
この演奏に関しては、HUNT(Arkadia)のCDが難あり(再生不可能になってしまう)
でありながら、音質鮮明との評価があり、聴いてみたいと思っていた。
今回Kさんからお譲りいただいた。

音質は2チャンネル録音と思われ、ステレオ的で鮮明、明瞭。とても良い。
当CDでは、1949年演奏のハイライトがボーナス・トラックとして付いており、比較することのできる好企画物(但し音質はベールをかぶっておりぼやけ気味)。

1951年の演奏は、1949年盤のような劇的な要素は少なく、穏やかに落ち着いている。
第1幕の「夜の女王のアリア」など、1949年演奏の方が雷鳴の轟きも大きく、オーケストラもリップの歌唱も劇的である。
1951年演奏では、雷鳴の轟きは最小限で、リップの歌唱も穏やかでスローテンポ。調子が悪いようにも感じられる。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2006-08-09 12:45 | フルトヴェングラー