CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

b0056240_12215646.jpg(Vn)メニューイン
フルトヴェングラー&ルツェルン音楽祭管弦楽団
1949.8.29-31(EMIは10.7と表記)

当ブログ4月21日の記事の追加訂正。

◇主なCD
1.東芝 TOCE-6066
2.EMI(ELECTROLA) CZS 25 2321 2 (写真)
3.EMI CDH-7 63496 2
4.東芝EMI TOCE 9086/90、ブライトクランク
5.東芝EMI TOCE-3795(特典盤はBCD-0039)、HS-2088
6.TAHRA FURT-1088/9
7.EMI Great Artists of the Century 62822 ARTリマスター

1は未聴。
3はCEDERのリマスターのためモコモコとこもりぎみ。
5はパワフルだが、荒れ気味の単なる音の洪水となっており、デリカシーに不足する。
6と7は音色がなく最悪。
今回の2。MONO表記だが、ブライトクランク。4と同じではない。4は音場が広がる分、音は薄まる。2は、広がりもほどほどで、音は厚く鮮明だ。意外にも大収穫。
現時点での同演ベストCD。

二重協奏曲も、音が鮮明。Vcの音色などすばらしい。同演ベストCD。

EMI(ELECTROLA) CZS 25 2321 2 (写真)
Couplingは、ブラームス交響曲全曲、ハイバリ(1952.1.27表記だが、聴衆ノイズなく、スクラッチノイズがあり盤起しのようで、これは、1949スタジオ録音)、ハンガリー舞曲、ドイツ・レクイエムと、EMIへのブラームス録音全曲。
交響曲第1番は、1947.11.17他表記だが、聴き始めると、ゴホンゴホンと咳が入る。
これは1952.1.27の演奏である。

ヴァイオリン協奏曲、二重協奏曲レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」へ。
[PR]
by furt-orooro | 2006-05-30 12:20 | フルトヴェングラー