CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 (Vn)メニューイン 1947.9.30

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1947.9.30
ティタニア・パラストでのライブ

FONIT CETRA
CDC-1013

CDは日本のビクター製。
意外にも(?)音が良い。軽度の擬似ステとエコーだが、それが良い方に作用して、厚みのある音になっている。重厚なベルリン・フィルのサウンドにふさわしい。しかも低域が団子状態ではなくて、音色の分離がよく、DBなど実に柔らかく響いてくる。
Vnソロの透明感も失われていない。

このコンビの同曲演奏、ルツェルンやフィルハーモニアのオーケストラでは聴くことのできない低域の豊かさがある。
このコンビの同曲演奏のベストCDと言えるだろう。

Couplingは、
ベートーヴェン 交響曲第1番
ウィーン・フィル
1952.11.30
こちらも鮮度の良い、STEREOに匹敵するような(この音質ならMONOでも十分と言えるような)高音質。

見かけたら、ゲットして損はない。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-25 12:45 | フルトヴェングラー