CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ブラームス:交響曲第1番 1947.11 日本フルトヴェングラー協会盤

b0056240_1257722.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
ムジークフェラインでのスタジオ録音

日本フルトヴェングラー協会
WFJ-40

演奏について、福永陽一郎氏は、「どこか締まりのない、まあよく言ったとしても、悠揚迫らぬ大河のような、それも流れの悪い演奏」と評価している。
と思えば、諸井誠氏のように、巨匠の同曲演奏中のベストに推す人もいる。

スタジオ録音ゆえの確かな造形と、
スタジオ録音とは思えない気力漲る覇気が、ウィーン・フィルの柔らかな音色と相まって(中和されて)、麗しいものとなっている。

今回の協会盤。
SP復刻で、ノイズは大きいものの、浮かび上がる音は柔らかく麗しいものである。
低域は低域重視のTESTAMENT盤に比べれば不足するが、程よく、これが自然な大きさと音色ではなかろうか。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
 「ハンガリー舞曲」のページもUP済み。

協会の次回配布は、「アナクレオン」、「未完成」、ベートーヴェン7番。
DELTA盤と同じ組み合わせで、まさかDELTA盤と同音質ということはないでしょうね。
[PR]
by furt-orooro | 2006-04-11 06:00 | フルトヴェングラー