CD鑑賞日誌


by furt-orooro

バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 OTAKEN

b0056240_20294691.jpgフルトヴェングラー&
フィルハーモニア管弦楽団
(Vn)メニューイン
1953.9.12,13

OTAKEN TKC-304
米HMV LHMV-3からの盤越し。

名曲、名演、名録音。
アナログ的な迫力ある音。東芝TOCE国内盤だと透明清楚な点が勝るが、今回の盤越しだと、それに重厚さが加わる。

Couplingが、「皇帝」というのも凄い。
こちらは、GRANDSLAM盤と比べると、加工感はなく、「そのまま」の盤越しという聴感。
買得。
[PR]
by furt-orooro | 2006-03-11 20:37 | フルトヴェングラー