CD鑑賞日誌


by furt-orooro

モーツァルト:交響曲第40番 1948.12.

b0056240_17464171.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
1948.12. スタジオ録音
東芝CC35-3169

「フルトヴェングラーのモーツァルトはダメ」と侮るなかれ。

山野楽器情報誌Varie 2006年1月号
斎藤弘美氏の「モーツァルトを聴くための12講座」
第1回 楽式論:交響曲第40番
では、
フルトヴェングラーのこの演奏について、このように述べられている。
 「第1楽章の提示部はちょっと速めだがデュナーミクのつけ方など押しが強い。展開部は案外さらりと流れていて、再現部ものど越しが良すぎる印象がある。やはりテンポを速めにとった第4楽章はその分壮絶。 フルトヴェングラーは全4楽章それぞれの“役割”を有機的に計っている。これこそが「かたち」として捉ええた解釈の典型ではなかろうか。この演奏には論理的な明快さがある。
 オリジナル楽器による演奏ではガーディナー盤。フルトヴェングラーの解釈に近いのに驚く。速めにとったテンポといい、颯爽に突き進んでいく音楽の流れといい、すっきりして無駄がなく、快活な表現を押し通している。」

異論はあるが、フルトヴェングラーのこのような構成美を理解しなければならない。

「フルトヴェングラー鑑賞記」の同演奏頁に掲載している、ピーター・ピリーの評価も参照に。

当演奏については、OTAKENからCD-Rで、盤起しが発売される。それも聴いてみよう。
[PR]
by furt-orooro | 2006-02-24 18:30 | フルトヴェングラー