CD鑑賞日誌


by furt-orooro

フルトヴェングラー リリース情報

◆ DELTA
 ブラームス 交響曲第1番 アムステルダム・コンセルトヘボウ管(ACO)
 ベートーヴェン 同  同
 1950.7.13 ACOとの唯一の共演。
 オーケストラの精度が良く、フルトヴェングラーの指揮にビシバシ反応しているのがわかるので、聴き物。

◆ OPUS蔵
 OPK7017
 ①ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 BPO 1944
 ②ベートーヴェン 交響曲第4番 BPO 1943.6.30 ライブ 

 OPK7018
 ③モーツァルト 交響曲第39番 BPO 1944
 ④ブラームス ピアノ協奏曲第2番 BPO (ピアノ)フィッシャー 1942

 MELODIYA LP起し。
 ②はVENEZIAの決定盤(1.2楽章)、SERENADE、テープ系ベストのMELODIYA盤、
 ④はVENEZIAの決定盤があるだけにどうなるか。
 ① に期待するのだが。

 Couplingが悪い。収録時間の問題もあるのだろうが、①③の組み合わせが理想。

◆ フルトヴェングラー・センター
 1950.9.25 ウィーン・フィルとのストックホルム・ライブ全曲
 ① スウェーデン・オーストリア 両国国家
 ② ハイドン 「驚愕」
 ③ シベリウス 「エン・サガ」
 ④ R.シュトラウス 「ドン・ファン」
 ⑤ ベートーヴェン 交響曲第5番

 演奏はどれも、まさに「脂の乗り切った」名演。
 ③④のM&Aの音質がいまひとつであるだけに期待大。
 ⑤にはCROWN PALETTEの決定盤があるので、どうなるか。
[PR]
by furt-orooro | 2006-02-02 15:10 | フルトヴェングラー