CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ブラームス:交響曲第1番 1947.8.13 DISQUES REFRAIN盤

フルトヴェングラー&ウィーン・フィル
1947.8.13 ザルツブルク 表記

DISQUES REFRAIN
DR920022

廃盤稀少品を入手。
日付や場所については、上記表記通りか疑問もあるようだ。
ピッチは高いとのことだが、音質良好。鑑賞には十二分に耐える。
尋常でないVnの豊かな厚みと麗しい高音に魅了される。
思い切ったリタルダンドはあるが、アッチェレランドは緩やか。豊潤なカンタービレと、ppからffへの流れの良い高揚など、すばらしい。
巨匠の同曲演奏中、ベストと言える部分も多い。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。

今日聴くことのできる、フルトヴェングラーのブラームス 交響曲第1番、
全楽章演奏が10演奏、
4楽章のみが1演奏(1945.1.23 戦中ベルリン・ラスト・コンサート)、
計11演奏。

聴いたのは、これが10演奏目。残るは、ヴェレズエラ交響楽団との演奏。オーケストラが難ありそうなので避けている。
[PR]
by furt-orooro | 2005-12-21 12:50 | フルトヴェングラー