CD鑑賞日誌


by furt-orooro

歴史的復帰演奏会 初日ライブ 1947.5.25

b0056240_10592196.jpgフルトヴェングラー&ベルリンフィル
1947.5.25
ティタニア・パラストでのライブ
ベートーヴェン:交響曲第5番、第6番「田園」

◇「第5番」 同演異盤CD比較
1.FONITCETRA CDE-1014
  Matrixが3種類あるようで、全曲5.25盤、1楽章のみ5.27盤、部分的に5.27使用盤の3種類が出ているようだ。
2.FONITCETRA 国内盤 K33Y-193 (写真)
  CDE-1014より空間が広くなっているが、音の密度と音色は薄くなっているのでは。
3.KICC-7091(部分的に1947.5.27の録音を使用) 未聴
4.SEVENSEAS  KICC-2293 オークションで12600円
  1.2に比べエコー感はないが、ノイズが大きい。
5.TAHRA FURT-1016  DUで1050円
6.MUSIC&ARTS CD789 DUで840円  
7.ドイツ・フルトヴェングラー協会 TMK-008080(2CD) 

当方所有の1.2.4は、5.25の演奏でOK。

◇「田園」
豊かな音という点では、1 or 2 が良いと思われる。

レビューは「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2005-12-20 12:00 | フルトヴェングラー