CD鑑賞日誌


by furt-orooro

「バイロイトの第9」&「第5」 MYTHOS 新盤

MYTHOS
NR9000-8/9 GH PRO SOVEREIGN

フルトヴェングラー
「バイロイトの第9」 HMV QALP 10116/117
1954 スタジオの「第5」 ALP 1195 Flat Thick Press
2枚組(「第9」1-3楽章&4楽章+「第5」)
8000円也。

「バイロイトの第9」
17:48 12:00 19:40 25:00

音は鮮明。低域がボゾボゾせず、明瞭なのが良い。
Ⅰ.第2主題前の、67小節(2:30)、Vc・DB→Vnの流れ、
第2主題後の、92-93小節(3:17)のVcとDBなど、など、
まろやかな音色でほれぼれする。
110小節(3:55)以降のVc・DBの明瞭さ。

OTAKEN TKC-301と比較すると、
Ⅲ.第2主題後半、33小節(4:00)からのDBのピチカートが鮮明。OTAKEN盤は埋もれがち。
Ⅳ.それまでの楽章のテーマを「否定」するVc・DBも鮮明であるが、OTAKEN盤の穏やかさとソフトさに比べると、ややハイアガリ。
「歓喜の主題」のVc・DB、Vaは、OTAKEN盤には穏やかな良さがあるが、こちらは、もっと明瞭でシャープな印象。

「フルトヴェングラー鑑賞記」掲示板のPaukerさんからのコメントも参照ください。

品物問い合わせは、イディア・クラシックへ。在庫僅少。
[PR]
by furt-orooro | 2005-11-09 10:10 | フルトヴェングラー