CD鑑賞日誌


by furt-orooro

フランク:交響曲 1953.12.13-14 KING盤

フルトヴェングラー&ウィーン・フィル
ムジークフェラインでのスタジオ録音

K35Y-1014 (1986)
CD初出盤。なかなか豊かな音である。
1楽章、3楽章ラストのムジークフェラインの美しい残響もカットされずに残っていて上出来。
後のリマスターCDの音の悪さに、「もっと豊かな響きのはず」と感じていたが、当盤なら一応OK。

下記HOSANNAの「英雄」といっしょに、安藤楽器(京王井の頭線永福町駅1分)で発見。
時々しか行かないが、フルトヴェングラーはレア物もあり。今やDU(ディスクユニオン)の中でフルトヴェングラーものが最も多いと思われるDU吉祥寺よりあり。
それに、シューリヒト&VPOの「英雄」ORFEO新品やBRSOとのブルックナー8番同新品が980円だったり、ALTUSのムラヴィンスキー物新品も安かったりする、不思議なお店。

*マーブルディスクには、今週、VPO150周年記念シリーズ国内盤が入ってます。
フルトヴェングラー1953.5.31の「合唱」、1945.1月のブラームス2番、
シューリヒトのブルックナー5番(この国内盤は稀少)、
クナの「グレイト」、など、1枚1300円-100円引きなので1200円。

クナ&VPO 1961.10.29のブルックナー8番(当ブログ2月10日の記事参照)、
KING盤2枚組4800円-2枚組なので200円引き。
でも、Syuzoさんは「ホワイトノイズは盛大で音抜けもあり、元はGolden Melodram盤と同じ」と述べている。
[PR]
by furt-orooro | 2005-10-22 00:00 | フルトヴェングラー