CD鑑賞日誌


by furt-orooro

シューマン:ピアノ協奏曲 ギーゼキング

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1942.3.3

MELODIYA
MELCD10 00719

冴え渡るピアノ、木管パートの充実、Vnの甘美な音色、第2楽章のVcの綿々とした「歌」、
などなど、魅力的。

主なCDは、
①当MELODIYA、
②返還テープ系のDG、
③盤起し系、OPUS蔵、
など。

MELODIYAとDGだと、音と音色の厚みで、MELODIYA。

当MELODIYAのCouplingは、ベートーヴェン4番1943の全楽章ライブ。
レビューは「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2005-10-19 09:00 | フルトヴェングラー