CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ブラームス:交響曲第1番 1953.5.18 KING盤

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
ティタニア・パラストでのライブ。

KING(SEVENSEAS) KICC-2298

1楽章は音質面で音揺れ、アンサンブルの面でもまとまりの悪さがある。
2楽章は、常軌を逸した「歌」の凄さと美しさに唖然とする。
3.4楽章は音質も良い。4楽章のコーダで、テーマが朗々と吹かれる様は感動的。

同曲の「私的ベスト」は、9月13日のブログに掲載。

レビューは、「フルトヴェングラー鑑賞記」より。
[PR]
by furt-orooro | 2005-10-15 00:00 | フルトヴェングラー