CD鑑賞日誌


by furt-orooro

フルトヴェングラー 2005年発売のCD(CD-R) ベスト

b0056240_11353524.jpgフルトヴェングラーの演奏で、
2005年に発売され、購入したCD(CD-R)のベストはいかに。
あと3ヶ月あるが、現時点までのベストを挙げてみる。
購入の参考になれば。

「これを聴いて良かった」とか、「こう書いてあったが、実際はこうだった」
という建設的なご批評は、こちらか、
「フルトヴェングラー鑑賞記」の「掲示板」にお願いします。

1.ブラームス 交響曲第4番 BPO 1943.12.12 DELTA DCCA-0008
2.ベートーヴェン 「田園」 BPO 1944.3.20-22 DELTA DCCA-0007
3.ベートーヴェン 「英雄」 VPO 1952.11.26-28 ISLANDPROS RX-4103
4.ベートーヴェン 交響曲第4番 第5番 BPO 1943 DELTA DCCA-0006
5.シューマン 交響曲第4番 BPO 1953.5.14 MYTHOS 番号なし

 現時点での第1位は、意外にも、上記である。(写真)
 1、4、(一応2も)は、いわゆる「第2世代」復刻と言われ、最高の素材(旧ソ連の最初期盤LP)からの盤起しで、詳細は不明だが、手作業でノイズを除去しているようだ。
それゆえに今までノイズに埋もれていたところも明瞭に聴こえることになり、オーケストラのカラフルさに驚くことになる。「原盤回帰」+当日の音色を再現する「原音回帰」と言える。
 3のRXシリーズも盤起し。同じく手作業でノイズを除去している。楽器の音色と分離が良い。渋め(穏やか)な音色で、MYTHOS系のパワフルさを求める方には不向きであるが、本来はこのような音響ではないかと考えられる。
 5も「原盤回帰」+「原音回帰」。高域の強烈なピークはなく、渋めであるが、DGスタジオ録音及び初期DG盤の音はかくあり、ということではないか。

6.ベートーヴェン 「合唱」 バイロイト OTAKEN TKC-301
7.チャイコフスキー 「悲愴」 BPO 1938 GRANDSLAM GS-2006
8.「タンホイザー」序曲、リスト「前奏曲」VPO ISLANDPROS SD1310
 「原盤回帰」と言えば、6、7もそう。6は各方面でも話題になった注目盤。但し楽器の音色の重なりはあるので、分離はもう一つかも。
 7の方が、1938年の録音ながら、見事な音色で蘇った。
 8は淡白でありながらも、自然な音色と分離の良さ。

9.ブルックナー 交響曲第7番 BPO 1951.5.1(ローマ)TAHRA FURT-1098
 意外にも、音色が良い。この時期の絶頂期のBPOのアンサンブルを聴いた。

10.ウェーバー 「魔弾の射手」 1954 TAHRA FURT-1095-7
 「STEREO」表記である。「2チャンネル」。現在のような左右明確なものではない。
それでもその臨場感と生々しい音響は見事である。眼前にリアルなステージが広がり、一体となる感がある。
 オーケストラ、コーラス、ソリスト、申し分ない。

11.ブラームス 交響曲第1番 BPO 1952.2.10 ISLANDPROS RX-39
12.ベートーヴェン 「田園」 VPO 1952.11.24-25 ISLANDPROS RX-4102
13.ハイドン「V字」、モーツァルト39番 ISLANDPROS RX-4104
 すべて盤起しで「原盤回帰」。
 11は、演奏の持つエネルギーがダイレクトに再現され、感動的。やはり、「ブラームス1番」といえば、これだ!!!
 12は麗しい「田園」。13の「V字」も透明感と潤いある音色。

14.ブルックナー 交響曲第7番 BPO 1949.11.18 MYTHOS NR-1008
 原盤LPの良さを伝える。OTAKENの「合唱」同様、音色のかぶる割合が大きいので残念。

15.ベートーヴェン「フィデリオ」 1950.8.5 OPUS蔵 OPK-7004(2004年発売)
 厚みのある音で、演奏の真の姿に迫っている。
16.ブルックナー 交響曲第5番 BPO 1942 OPUS蔵 OPK-7013
 最強音のパワー不足が惜しまれる。低域は分離よく充実。

17.シューベルト「ザ・グレイト」BPO 1950.6.17-19 DELTA DCCA-0016
18.ハイドン「ロンドン」 テアトロ・コロン DELTA DCCA-0015
19.フルトヴェングラー 交響曲第2番 ヘッセン放響 DELTA DCCA-0013-14
20.バッハ ブランデンブルク協奏曲 ピアノ:フルトヴェングラー 他 DCCA-0012
 DELTAのレア盤復刻シリーズ。今まで陽の目を見なかった演奏が、より万人向けになった。
演奏はどれも魅力的。20は世界初CD化で貴重。

21.シューベルト「未完成」、ケルビーニ「アナクレオン」 DCCA-0011
 SPからの復刻で柔らかな音。ベートーヴェン7番もあるが、金属ノイズありで残念。

◆今後の発売予定
・ベートーヴェン 交響曲第7番 VPO 1950.1.GRANDSLAM
・ベートーヴェン 交響曲第5番&「皇帝」 GRANDSLAM
・ベートーヴェン 「合唱」 バイロイト GRANDSLAM
・  同                ISLANDPROS RX

各CDのレビューは「フルトヴェングラー鑑賞記」より。

2004年のベスト10は、こちら
[PR]
by furt-orooro | 2005-10-03 17:03 | フルトヴェングラー