CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ジュリーニ&LAPO シューマン:「ライン」

「ジュリーニの芸術」で1枚1200円で再発されている。
CSOとの名盤のマーラー9番、LAPOとのベートーヴェン「第5番」、ブラームス「第2番」など、LP当時のオリジナルジャケット写真なのが魅力的。

LP発売時は、ベートーヴェン「第5番」は1曲のみ、シューマン「ライン」は「マンフレッド」序曲とカップリングだった(写真のデザイン)。
CD輸入盤では、ベートーヴェン「第5番」とシューマン「ライン」のカップリングとなり、今回もそのままである。
せめて、DELTAのコンプリートVOXのようにオリジナルジャケット写真を2枚付けてくれるなら、良かったか(そんなセンスないか)。

「ライン」は、ジュリーニ&LAPOのベスト。
ブラームスのようにVPOと正規録音しなかった(ライブはある)のが幸いしていると思われる(ブラームスはLAPOとVPOのアンサンブルを比べて云々されるので)。

所有CDは、ドヴォルザーク「第8番」とのカップリング。

レビューは「フルトヴェングラー鑑賞記」の「更新履歴」、または、
「ジュリーニ・ワールド」へ。
[PR]
by furt-orooro | 2005-09-16 17:27 | ジュリーニ