CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ブラームス:交響曲第1番 私的ベスト

1.フルトヴェングラー&BPO 1945.1.23 4楽章のみ 
   DISQUES REFRAINまたは、フランス・フルトヴェングラー協会
 フルトヴェングラーの戦中ベルリン最後のコンサート。モーツァルト40番の途中で空爆、停電、中断という極限状態下における、奇跡的に密度の濃いアンサンブル。
終演後、拍手が、最初、一人の人のパチパチ、それが大きな波になっていく。当日にタイムスリップする。
2.フルトヴェングラー&BPO 1952.2.10 (ISLANDPROS)RX
3.フルトヴェングラー&VPO 1947.11 TESTMENT
4.フルトヴェングラー&VPO 1952.1.27 EMI
5.バルビローリ&VPO
6.ボールト&LPO
7.ジュリーニ&BPO ライブ HALLO スタイルはVPOと同じ。BPOのアンサンブルが見事。
8.フルトヴェングラー&BPO 1953.5.18
9.フルトヴェングラー&ACO 1950.7.13
10.フルトヴェングラー&ルツェルン音楽祭管 1947.8.27

(フルトヴェングラー&VPO 1947.8.13 ザルツブルク・ライブ DISQUES REFRAINは未聴。イディア・クラシックに1枚入庫あり。4000円。)

・カラヤン&BPO 1987 オーケストラ美学の頂点。○
・ケンペ&ミュンヘン・フィル:木管中心で室内楽的。×
・チェリビダッケ&シュッットガルト:独特のアーテュキュレーションで新鮮だが、オーケストラのアンサンブル崩壊。×
・チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル:こちらの方が良い。○
・ジュリーニ&LAPO:アンサンブルに限界あり。×
・ジュリーニ&VPO:重厚流麗で堪能できる。◎
・モントゥー&ACO:ギヤチェンジが急で流れを損なう。△
・クーベリック&BRSO:Vn両翼配置の良さはあるが、ライブゆえ粗い。×
・ベイヌム&ACO:滋味深い響き、ブラームス的。◎
・ハイティンク&ボストン響:渋い。カラー不足。×
・小澤&サイトウ・キネン:技量と流れの良さはわかるが、彫の深さに不足。×
・ヨッフム&BPO:ベームよりもバランスよい。◎
・ヨッフム&LPO:渋い音色も音質で損をしている。△
・ザンデルリンク&SKD:オーソドックスな名演。○
・ザンデルリンク&ベルリン響:最遅。渋すぎ。△
・ベーム&BPO:峻厳さ、剛毅さと美しさで主張あり。厳しすぎか。△
・ベーム&VPO:VPOの良さで、丸みを帯びる。○
・ケルテス&VPO:ケルテス流のオーケストラ・ドライブで魅力的。◎
・バーンスタイン&VPO:ドラマチック。△
・アーノンクール&BPO:化粧を落として斬新もフレーズ窒息気味。×
・アバド&BPO:一つの規範演奏だが安全運転。○
・シューリヒト&スイス・ロマンド:フルトヴェングラー以上の推進力もオケ薄手。×
・ミュンシュ&パリ管:1回勝負で聴くべし。○
・クレンペラー&PO:重厚だが、メリハリなし。×
・セル&クリーブランド:室内楽的と緩急が急。△
・ショルティ&CSO:強弱のメリハリ大。剛毅も窮屈。△
・ワルター&コロンビア:構成美と歌謡性で○。
・ヴァント&NDR:オーケストラ崩壊。×
・トスカニーニ&NBC:洗練されたアメリカ流。△

◇音楽之友社「リーダーズチョイス」による集計
数字は当初集計合計195票の内の票数
1.ミュンシュ&パリ管(1968) 18
2.カラヤン&BPO(1987) 16
3.ベーム&BPO(1959) 15
4.バーンスタイン&VPO(1981) 12
5.フルトヴェングラー&BPO(1952) 11
6.ベーム&VPO(1978)11
7.小澤&サイトウ・キネン 9
8.アバド&BPO(1990) 8
8.ワルター&コロンビア(1959)8
10.ジュリーニ&VPO(1991) 7
11.ジュリーニ&LAPO(1981) 6
11.フルトヴェングラー&VPO(1952) 6
[PR]
by furt-orooro | 2005-09-13 15:31 | 同曲異演集