CD鑑賞日誌


by furt-orooro

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」全曲 STEREO

フルトヴェングラー&ウィーン・フィル
TAHRA
FURT1095-97

STEREO。
ですが、その後のSTEREOのような左右の楽器が明快になるというものではないと思われます。
擬似ステレオでもありませんし、MONOでもありません。
左右に自然な広がりがあり
(最近のモントゥー&ACO、「英雄」のように人為的、加工的に拡げたというものではありません)、
その空間の中で、中央から左に、右に、各々の楽器が豊かに鳴ってきます。
当日、会場ではこう聴こえたであろう臨場感と空気感があります。


ですので、現在のような「STEREO録音」という訳にはいかないと思われます。
ただし「フルトヴェングラーのライブに浸ってみたい」向きの方には、
お薦めできるかと思われます。
演奏は、序曲、終幕と感動的ですし、マックスのアリアもアガーテのアリアも美しく、
表現の幅は他の追随を許さないものと言えるでしょう。

レビューはこちら。
[PR]
by furt-orooro | 2005-05-16 12:03 | フルトヴェングラー