CD鑑賞日誌


by furt-orooro

「バイロイトの第9」 OTAKEN CD


フルトヴェングラー
バイロイト祝祭管
1951.7.29

OTAKEN RECORDS

TKC-301(CD)

「英製と同レーベルデザイン同プレス規格と思われる豪HMV初期1stフラットプレスの
国宝級品、世界遺産級のミント盤」
OALP-1286-7
の盤起し。

情報量多く、音は繊細、充実し、すばらしい。
弱音は繊細静謐、強音でも破綻なく、きれいに鳴り響く。
弱から強への幅、遠近の幅が大きい。

低域もしっかりし、なおかつ明瞭、迫力あり。

4楽章の「歓喜の主題」が出てくる部分は、
各楽器が明瞭で音色も良い。
ソロからでは、木管がしっかり聴こえるし、
シュバルツコップのソプラノとテナーの輝きが他よりある。

CD仕様なので、
これから、「バイロイトの第9」という場合、
TOCE-6510ではなく、
こちらからが良いだろう。
[PR]
by furt-orooro | 2005-04-30 07:18 | フルトヴェングラー