CD鑑賞日誌


by furt-orooro

フルトヴェングラー&シュヴァルツコップ リサイタル

ピアノ:フルトヴェングラー
ソプラノ:シュヴァルツコップ

ヴォルフ歌曲集
1953.8.18

FONIT CETRA
CDC21
国内盤仕様
日本語解説、歌詞対訳付

アンコール以外の
22曲すべて収録。
曲間の拍手入り。

当日の座席の一つが与えられました。
眼前に広がるステージ。
フルトヴェングラーのバッハ「ブランデンブルク協奏曲」
で魅せたのと同じようなピアノの独特のタッチ。
シュバルツコップの声が次第によくなっていくのも
わかります。
どれも魅力的。
[PR]
by furt-orooro | 2005-04-27 12:55 | フルトヴェングラー