CD鑑賞日誌


by furt-orooro
b0056240_20215829.jpgフルトヴェングラー
2007年リリースCD
個人的ベスト10

1.「ウラニアの英雄」 
 DELTA DCCA-0031
2.「バイロイトの第9」 
 フルトヴェングラー・センター
3.ブラームス Sym.1. 北ドイツ 
 DELTA 
4.ブラームス 交響曲全集 
 仏独協会
5.ベートーヴェン 「英雄」 1947 
 日本フルトヴェングラー協会
6.ベートーヴェン 「合唱」 1942.4.19 VENEZIA
7.ベートーヴェン Sym.7&8. DELTA
8.「1954年のバイロイトの第9」 日本フルトヴェングラー協会
9.ベートーヴェン Sym.4&5. OTAKEN TKC-311
10.「バイロイトの第9」 OTAKEN TKC-309

1.同演異盤CDの中の決定盤。
突如出現の2。これが本公演で従来のEMI盤はリハーサルと本番の編集であることが明らかになる(反対の見解を持つ方もおられ今後更なる検証が必要)。
優劣の問題ではなくバイロイトの公演を2種類で聴けるとは何ともうれしいことである。
4.Sym.1が自然な放送音。ドイツ協会盤と比べると、後者は聴きやすくしているものの、あまりに線が細い。

b0056240_17112812.gif

[PR]
# by furt-orooro | 2007-12-01 23:21 | フルトヴェングラー
b0056240_15313344.jpgフルトヴェングラー
ベートーヴェン 交響曲 序曲集

NUOVA ERA
013.6300

CDは日本コロンビア製。

音質が最良なのは、
Sym.1、
Sym.4(但しピッチが高い)、
Sym.8、
ハンブルク・フィルとのレオノーレNo.2。
これらは同演異盤中ベスト。

次いで、Sym.9
これはHUNTと双璧。
より鮮明なのはHUNT。

Sym.3,5,6,7は、
良くも悪くも、素の音。高域が不足するものの、重低音が豊かに響き迫力がある。

Sym.1 ウィーン・フィル 1952.11.29
 大病回復後の初ライブということで、気合が漲っている。音質も最良。
Sym.3 ウィーン・フィル 1952.11.30
 推進力ある流麗な名演。高域が不足するのが惜しまれる。
Sym.4 ウィーン・フィル 1953.9.4 ミュンヘン ドイツ博物館
 低域が重厚。それもあり巨匠の同曲演奏中、最も重心が低い。
 熱気とエネルギーがダイレクトに伝わってきて、スケールが極大
 (ピッチが高いことにもよる)。
Sym.5 ベルリン・フィル 1954.5.23 ティタニア・パラスト
Sym.6 同上
 同日演奏で、Sym.5は低域が目立ち高域が不足するが、自然な素の音。
 「田園」は第1楽章1分ほどで音量レベルが極端に小さくなってしまう。
 音量上げて聴くなら、いい音だ。
Sym.7 ウィーン・フィル 1954.8.30 ザルツブルク
Sym.8 同上
 Sym5,6と同じことが言える。Sym.7のベストはSUITE盤。
Sym.9 ウィーン・フィル 1953.5.31 表記 ムジークフェライン
 
レオノーレNo.2 ハンブルク・フィル 1947.6.9
レオノーレNo.3 ウィーン・フィル 1953.10.12 全曲公演より
フィデリオ 同上
エグモント ベルリン・フィル 1947.5.27
コリオラン ウィーン・フィル 1951.10.29 ミュンヘン
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-28 12:50 | フルトヴェングラー
AS-DISK
AS-112

3巨匠の同曲演奏を堪能できる好企画。
フルトヴェングラーの演奏は、1949.2.8表記だが、
実際は、1944.6.2,3 ムジークフェラインでのマグネトフォン録音。
第1楽章第1主題をポルタメントしている演奏。
音質は温かみのあるふくよかな音で、
ドイツ協会盤のような歪みもなく、
TAHRA、HISTORY、ダイソー100円CDなど、
同演異盤中では最良と思われる。
もっと取り上げられて良いCD。

1.フルトヴェングラー/ウィーン・フィル 1949.2.8 表記
  5’31(リピートなし 提示部1’48) 8’20 4’38 4’31
2.ワルター/ベルリン・フィル 1950.9.25
  6’17(リピートなし) 8’07 4’27 4’38
3.トスカニーニ/NBC 1953.3.12
  7’22(リピートあり 提示部1’42) 7’08 4’22 4’33

このワルターの演奏はラレンタンドや長い休止が強烈な印象を与える。モーツァルトというよりは、ワルターのロマンティックさを反映したものとなっている。ベルリン・フィルへは客演なのだろう。オーケストラは幾分とまどいながら、タクトによく反応しているように感じられる。
トスカニーニの演奏は、第3楽章まで、フルトヴェングラーよりも快速。第2楽章など、フルトヴェングラーとワルターの「歌」を横目で見ながら、気持ちの良いほど快活に進められて行く。
全体としては、サッサッ、バサッと音が置かれて行く。1音1音は明瞭だが、フレーズとすると、「隅々まで歌い抜かれる」との印象は残らない。
フルトヴェングラーの演奏は、ワルターほどテンポ変化は大きくなく、トスカニーニのようにあくせくしない。音が大河の如く自然な「歌」となって奏でられている。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-27 12:30 | フルトヴェングラー
フルトヴェングラー&バイロイト

1951.7.29 ライブ
ORFEO
バイエルン放送音源

12月28日発売

バイエルン放送音源なので、センター盤の同演異盤。

ORFEOなので、
リマスターは、アイヒンガーとクラウスと予想される。
これまでのORFEOのフルトヴェングラーものの音は、
ノイズリダクション多用による低域の漂白化、高域のキンキンとした金属的で「線」的な音である。
それで、センター盤の価値がなくなることはないと思われる。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-26 05:51 | フルトヴェングラー
フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
(Vn)シュナイダーハン

1953.5.18
ティタニア・パラストでのライブ

DG
POCG-2351

オーケストラの音に力が漲っている。
第1楽章冒頭を聴くだけで、当日の会場に連れて行かれてしまう。
第2主題をたっぷりと鳴らさせてくれるのが心地よい。
シュナイダーハンのソロは、澄んでおり、細いながらも、オーケストラに溶け込み、
巨匠の芸風にも通じている。
カデンツァはヨアヒム作を使用。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-20 23:05 | フルトヴェングラー

DG ORIGINAL MASTERS BOX

フルトヴェングラー&ベルリン・フィル、ウィーン・フィル

DG 474030-2

monostatics様ご指摘の通り、
エミール・ベルリナー・スタジオの
リマスター。

「マスタリング担当者が複数いて若干傾向の違いはあるよう」
とのことだが、その通りで、リマスターが成功しているものと失敗しているものがある。

成功しているもの
1.フランク 交響曲(1945.1.28)
 フルトヴェングラー資料室では、
「SWFLPを板おこしした部分がある。DG日本盤よりノイズリダクション少なく明瞭音質。」
とある。
 DG日本盤(POCG-2340)の第1楽章、第3楽章の音揺れも改善されている。音は豊かで分離が良い。

2.チャイコフスキー 「悲愴」 (1951.4.22 カイロ)
 DG国内盤POCG-2348より、各楽器の分離が良く、音の厚みは失われておらず、高域から低域まで豊かに聴ける。

3.シューベルト「未完成」 (1952.2.10)
 演奏が凄い名演なので、リマスター云々より、演奏に引き込まれる。
 ただし、ドイツ協会盤はあまりに金属的な音でいけない。

*1と2に関しては、もっと高く評価されてよいだろう。

失敗しているもの
1.ベートーヴェン 第7番
2.ブラームス 第2番(1945.1.28)
3.ブルックナー 第8番(1944.10.17)
4.ワーグナー 管弦楽曲
これらは音ではなく線になってしまっており、演奏を歪めている。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-15 05:15 | フルトヴェングラー
フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
1953.4.14
ティタニア・パラストでのライブ

音に力感があり、達観した境地からの美と構築力。

同演異盤CD比較
1.DG 415 666 2
 (国内盤 F35G-50280)
2.DG(OIBP)
3.DG(ボックスセット) エミール・ベルリナー・スタジオのリマスター
 (訂正いたします ご指摘に感謝します)
4.ドイツ協会
 アイヒンガー、クラウス両氏のリマスター

Sym.8 は さらに
5.日本フルトヴェングラー協会
  WFJ-24

がある。

どれも音源は自由ベルリン放送のテープ。
音の豊かさは1>2>3>4 となる。
4は、きれいな音に仕上がっているが、音が細く、音というよりは「線」と言えるのではないだろうか(東芝HS-2088 リマスターと同傾向)。きれいに鳴って分離は良いが、音の豊かさと厚みは失われている。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-14 12:10 | フルトヴェングラー
b0056240_125651100.jpgフルトヴェングラー&ウィーン・フィル
1951.8.7
ザルツブルク音楽祭でのライブ

Foyer 2CF-2002
HUNT CDWFE-353
RODOLPHE RPC-32561/2

ザルツブルク音楽祭での「オテロ」の初上演。
ということもあって、巨匠のスコアリーディングは綿密を極めたであろう。
1音1音が意味のあるものとして生かされている。
ヴェルディらしくなく、良い面で格調高い。
第1幕「乾杯の歌」、第3幕ラストの五重唱から六重唱など、芸術的で格調高いため、オペラの舞台とは別世界で音楽に浸ることになる。
伴奏が雄弁であることは、巨匠の常である。
第4幕など、ウィーン・フィルの柔らかで優しいサウンドが、悲劇からの救いとなっている。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-13 12:50 | フルトヴェングラー
b0056240_1744038.jpg恒例、
2007年ニューリリースを除き、
2007年これまでに聴いたフルトヴェングラーのCDの内、ベスト20

1.ベートーヴェン 田園 ウィーン・フィル
1943 東芝 TOCE-6056
美しい。ただひたすら美しい。戦時ウィーンでよくもこのような音色が出せるものだ。

b0056240_17472339.jpg2.ベートーヴェン 英雄 
ベルリン・フィル 
1952.12.8 
RODOLPHE RPV-32801

ティタニア・パラストのステージが眼前に広がる臨場感





3.ベートーヴェン  Sym.4.
ウィーン・フィル 
1950
東芝 TOCE-6180
品位と品格、気品のある名演。
ストックホルム・フィルとの「レオノーレ第3番」リハーサルの対訳あり。 


4.ベートーヴェン Sym.5. ベルリン・フィル 1937
  日本フルトヴェングラー協会WFJ-15/16 
5.ベートーヴェン Sym.5. ベルリン・フィル 1926 
  WFJ-18
  1926年と1937年のベルリン・フィルの黄金のサウンドを堪能できる

6.ベートーヴェン 合唱 ウィーン・フィル 1953.5.31 HUNT
7.ベートーヴェン 合唱 ベルリン・フィル 1937.5.1 
  日本フルトヴェングラー協会WFJ-19 「ロンドンの第9」のベストCD。
8.モーツァルト P.con.20. 東芝 TOCE-6068 
  同演異盤を何枚も聴いたが結局はこれがベスト。自然なサウンド。
9.ベートーヴェン Sym.8. ベルリン・フィル 1953.4.14 WFJ-24
  意外にも音が鮮明で良い。
10.ブルックナー Sym.7. ベルリン・フィル 1951.5.1 ARKADIA 
  ローマでのライブ。至高のブル7。
11.ベートーヴェン Sym.7. ベルリン・フィル 1943 SWF-941
  SWF-941Rよりも断然良い。
12.ベートーヴェン 田園 ベルリン・フィル 1954.5.24 HUNT CD-504
  但しNUOVA ERAには及ばない。
13.リスト 前奏曲 ウィーン・フィル 東芝 TOCE-6070
14.ブラームス ドイツ・レクイエム ストックホルム・フィル 東芝 TOCE-6062/3
15.モーツァルト ドン・ジョバンニ 1950 ARKADIA
16.バッハ マタイ受難曲 東芝
17.シューベルト 「ザ・グレイト」 日本フルトヴェングラー協会
18.ベートーヴェン 合唱 ストックホルム・フィル アメリカ協会
19.グルック、ケルビーニ、ウェーバー 管弦楽曲集 東芝 TOCE-6069
20.ヴェルディ 「オテロ」 RODOLPHE

2006年度版はこちら。
2007年リューリリースCDベスト10は12月に予定。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-11-02 23:59 | フルトヴェングラー
b0056240_12381398.jpgフルトヴェングラー&北ドイツ放送響

1951.10.27
ハンブルク、ムジークハレでのライブ

DELTA
DCCA-0041

音源の記載はない。
「PLEXMASTER」表記なので、盤起し(RCL-3335)と推測される。

ふくよかな音で、各楽器の音色、高低の分離も明瞭。
RVC盤(R32C-1092)より、各楽器の音色と高低の分離は良い、と思われる。
RVC盤が廃盤入手困難な中、このような良質の復刻がリリースされるのは、良いことである。
同演異盤CDのベスト。

Coupling
ブラームス ハンガリー舞曲第1,3,10番 ウィーン・フィル 1949.4
当然のことながら、オーケストラの音色が全く異なる(巨匠が振る、どのオーケストラも同じ音にしてしまう復刻が多いので、このような歴然とした違いを聴くと、かえって安心する)。
ウィーン・フィルらしいふくよかで色艶の良いサウンド。好復刻。
[PR]
# by furt-orooro | 2007-10-30 12:40 | フルトヴェングラー